本文へスキップ

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)を取得して就職・転職を有利に!!

マイクロソフトオフィススペシャリストマスタ ーについて/MOS

マイクロソフトオフィススペシャリストマスターについて

パソコン教室

MOSマスターについて


マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスター(以下:マイクロソフト オフィス マスター)は、Microsoft Officeの同一バージョン(Office 2007、Office 2003)のなかで、既定の4科目に合格したすべての方に贈られる称号です。

Office製品の複数のアプリケーションを使いこなせる、総合的なスキルを証明するマイクロソフト オフィス マスターの認定証が発行されます。


マイクロソフト オフィス マスター取得のメリット


複数のアプリケーションを効果的に使えるスキルが身につくため、仕事や作業の効率アップが図れるだけでなく、

  • 「オフィス マスター取得という結果が、自分自身の自信にもつながった」
  • 「複数科目の合格を目標にするので、取得後の達成感が違う」
  • 「いろいろな仕事を任せられるようになり、上司や同僚からの信頼感が高まった」
  • 「総合的なスキルや複数科目の挑戦結果を客観的に提示でき、就職や転職活動に有効だった」

など、「マイクロソフト オフィス マスター」取得ならではのメリットがあります。

マイクロソフト オフィス スペシャリストにはじめてチャレンジする方も、すでに、いくつかの科目に合格されている方も、「マイクロソフト オフィス マスター」を取得して、総合的なスキルを証明してください。



取得に必要な条件


Microsoft Officeの同一バージョンで、必須3科目と選択1科目の計4科目に合格していること。

Office 2007 (2011/12/31まで)
必須3科目
Word 2007(共通)または Word 2007 エキスパート
Excel 2007(共通)または Word 2007 エキスパート
PowerPoint 2007
選択1科目
Access 2007 または Outlook 2007

Office 2007 (2012/1/1から)
必須3科目
Word 2007 エキスパート(上級)
Excel 2007 エキスパート(上級)
PowerPoint 2007
選択1科目
Access 2007 または Outlook 2007